目標をしっかりと。

前回サプリメントの効果について書きました。

経済的な問題でなく、サプリメント自身はほとんどカロリーがありません。

ですので、自分の欲しかった乳酸菌だけを摂取することができる。

それがサプリメントの一番のメリットなのです。

どんなに忙しくてもすぐに摂取することができる点や、カロリーがほとんどない点においても、本当にありがたいです。

また、経済的な面を何度も言うですが、サプリメントもほとんどお金がかかりません。

となると本当にメリットだらけということでありますよね。

ですので、これからダイエットを始めようとしている方もしくは以前にダイエット失敗させたかた、またダイエットをしている方すべての方において、いいたいこととしては、腸内環境が最も自分の目標に近づくことができる。

その目標はいつでもかかげることができるのがポイントなんです。

それほど難しい事ではありませんからね。

腸内環境を整えるんだと言い切ることは決して懐かしい事ではありません。

自分自身の普通の生活をしていくだけなのです。

あくまでここには規則正しい生活、をしていけば問題ないでしょう。

善玉菌と悪玉菌、デブ菌とヤセ菌と表現しても説明してきましたが、一番大切なはとにかく腸内環境整えていくことだけは覚えておいて欲しいです。

だいたいこれでかなり腸内環境について説明してきました。しっかりと目標を掲げて腸内環境をととのえていきましょう。毎日の意識ですよ。

結果が変わってきます。

カロリーの点でサプリです。

もちろんダイエットをしようと思っている方にも、この情報は非常に有意義なことだと思うのです。

無理して運動しなくても、または食事を我慢しなくても、実は町内環境をきちんと整えば、十分にダイエットすることができるとおそらく気持ちも高まったのではないでしょうか。

それともう一つ善玉菌を取るときに、ヨーグルトを摂取すると良いということはいいました。経済的な面があるのでサプリメント摂取すれば良いと思いましたが、もし経済的にも負担にならなかったらヨーグルトのほうがよいのではないかという方がいます。

しかし、この場合も悪玉菌を排除するという意味でヨーグルトを取れるなら取ったらいいといいたいところですが、と言わないのは実はヨーグルトにもかなりのカロリーがあるからなのです。

これらを毎日摂取すると意外とカロリーがかなりオーバーすることになってしまいます。そうなると、何のためにヨーグルトを食べているのかわからなくなってしまいますね。

善玉菌を摂取したがために一生懸命ヨーグルトをたべて結果的に太ってしまったとなってしまってはなんの意味もありませんからね。

この点はしっかりと気をつけていきたいところです。ですのでサプリメントをお勧めしたいということになるのです。

サプリメントはほとんどカロリーがありません。もちろん乳酸菌だけに特化して作っているからです。カロリーを気にせずそれだけを摂取しようと考えるならサプリが一番です。

腸内環境をととのえようと掲げる

太りやすい体になってしまうという事を前回説明しましたが、ここに想像ができると思うのです。

つまり、太りにくい体にするということは善玉菌をふやしていくことですよね。悪玉菌を減らすということは、太りやすい体にならなくなるということでしょう。

こういうことがイメージできればダイエットするというのは簡単な話、善玉菌をふやしていることと悪玉菌を減らすということそしてそのバランスをしっかりと保つということこの3点だということなのです。

むやみやたらに制限して食事をするとかなど、または運動をするということは決して得策ではないのです。

何よりも続きませんし、リバウンドが激しくなってしまいます。

大切なのは何度も言っていますが腸内環境です。

これをしっかりとしておけばそれだけでいいのです。

今無理してしんどい思いをする必要ありません。

むしろ体の内側から綺麗になると思います。

積極的に努力することもできるでしょう。

外側だけならエクササイズに通ったりしてみたり、いろんなことができると思うのですが、体のなかまできれいにすることはなかなかできません。

ですので、意識を持ってしっかりとやらなければいけないのです。

デブ菌を極力排除する。

それを目標に頑張っていけばいいのではないでしょうか。

心がけとか意識とかでもずいぶんと改善されていく物です。

ダイエットやきれいな体になると目標を掲げるなら、腸内環境をととのえようと掲げても難しくないはずです。

バランスが大切。

では、どうしてデブ菌が増えていくのでしょうか。

それは当然お体の中を悪化させるからだという意見を言う人もいるでしょう。

そういうことではないのです。

もちろんそれは一理ありますがそればかりがすべてではありません。

デブ菌というのは体の中の栄養をしっかりと吸収するっていうはたらきがあります。

だからこそ、余分なエネルギーをも収集するので太りやすい体になるのです。

でもこれは簡単なことで、それらが体にわるさをするというよりも、本来は体の中に大切なエネルギーを蓄えるという意味では悪玉菌が全くいなくなるとそういった働きがなくなってしまいますので、それをすべてなくしてしまうと困ったことになってしまいますよね。

ですので、デブ菌である悪玉菌のある意味バランスというか、比率が非常に大切になってきます。

いくら善玉菌がわるいからといって日和見菌と善玉菌だけにしてしまうということは逆に行けないのです。

むしろ悪玉菌の存在があるからこそ、体の中に大切なエネルギーを取りに行き働きもありますので一概に悪者として見ることはできないです。

このバランスというのが非常に微妙なものであって、例えばデブ菌が増えるということはどんどんと体の中に入れない栄養素が詰まってくるということ太る元になってしまいますまたどんなものを食べても吸収しようとするってことになります。

これが太りやすい体ということになってしまいますよね。

何でもバランスが大切なのです。

腸内環境を整える重要性

デブ菌をできるだけ排除する。

これを心がけているだけでも違いますよね。

もちろんその状態のためには、ヤセ菌をふやすということにもなります。

そのためにも腸内フローラを整える、つまり腸内フローラを整えるということはデブ菌を極力排除するということになりますよね。

綺麗なお花畑のところに汚いものがそこに存在するというのは見てられないはずです。全員が足を綺麗にしようと試みるはずです。きれいなところに踏み込むときはね。

ところが、ゴミ捨て場のようなところに綺麗な花がひとつさいていたとしても、決して目立たないはずです。

ですので、悪玉菌が蔓延っているような環境はできるだけなくしていかなければいけませんね。

ダイエットを試みているのにもかかわらず、なかなか成功しない方というのは腸内環境が悪いということもひとつの原因だといえます。

心当たりがある人は便秘が続いていませんか。

体調が良くないと思いませんか。

肌荒れがひどいと思いませんか。

化粧ののりが悪いと思いませんか。

貧血起こしたりしませんか。

風邪をよくひいたりしませんか。

いろいろなものが悪い症状として現れてくるわけですから、

おそらく少しでも引っ掛かると思っている人は腸内環境が悪いと言えるでしょう。

こういう事が少しでも当てはまる、その兆候があると感じたときは少しでも早く腸内環境を整えることをしましょう。出ないと、今行なっているダイエットがすべて無駄になってしまいますよ。

「デブ菌」と呼ばれているということ

さて、悪玉菌が増え続けるということは体の中の調子が悪くなってくるということであり、また腸内環境が悪くなっているので、悪玉菌が増えているということでもある。

悪玉菌が増えるってことは、体にあいいれないものが増えてくるということや、大腸菌などの悪い菌が体の中にいすわることになります。

また、便秘などによって余計に悪循環になってきますので、つねに悪玉菌をしっかりと排除するように心がけなければなりません。

そのためにはやはり腸内フローラを整える・・・これが1番大切だということです。

悪玉菌が増え続けるということ、ここで表現したいのが「デブ菌」と呼ばれているということです。

デブ菌とは何かといいますと、要は体の中で悪循環をもたらす悪玉菌のことをいい、これがあるとやせないことやと。もしくはやせてもまたリバウンドしてしまうことの菌の事を指します。

私はこのデブ菌という言葉、初めて知ったのはインターネットのサイトからでした。

例えばこの乳酸菌のサイトなどは、とても詳しくデブ菌とは何か?という私の疑問に答えてくれたサイト様です。

デブ菌を減らすために有効とされるサプリメントってどれ?

  1. デブ菌の定義
  2. デブ菌とは菌の名前ではないという事
  3. ヤセ菌という菌のグループもいる事
  4. 腸内フローラを整えるためには、デブ菌も少しは必要だという事

デブ菌に関する色々な情報が網羅されていて、とてもおススメの記事なので紹介してみました。

うまく表現するなと思います。

ということは逆に善玉菌のことは「ヤセ菌」ということになりますよね。

だから善玉菌をふやすということはリバウンドをしない体作りなんていうことにも繋がってきます。

これからはこれらの表現をうまく生かしてやっていきたいと思います。

だいたいその名前自身も気にくわないものです。

デブ菌に関して太っている人には「デブ」という言葉を使うとしても、抵抗ありますね。

まあ、ふとっている関係なく、この言葉自体が不快に感じるはずですので、自分は絶対にこの言葉は使わないんだと決めるためにも、しっかりとこの対策を立てていたのがいいですよね。

そう思ってダイエットの発奮材料としてこの菌の名前を覚えておくと良いでしょう。

 

沢山知ること。

いろいろと説明してきましたが、乳酸菌を単純に摂取すれば良いというだけではないということ。

腸内環境を整えるためにはいろいろと乳酸菌を選ばなければいけないということ。また毎日毎日乳酸菌を摂取するとなると大変なところサプリメントだと簡単に摂取することができるということ。

またサプリメントはたくさんの数が入っている乳酸菌を選ぶのではなく、沢山の種類が入った乳酸菌のものを選ぶということ。

など、事細かに見ていくと、本当にたくさんのことをしらなければならないことがあるわけです。

これらを知っておく事と知らないのとでは全く違うので、ぜひダイエットを試みている女性の方がいるならば参考にされると良いと思います。

また乳酸菌を摂取して、それでもトイレによく駆けつけるという人は、乳酸菌を少し摂取するのやめたほうが良いと思います。

やはりその場合は、いらない物が外に排出されるという状態になってしまって、体に合っていないと考えて欲しいのです。

違った形で自分に合う乳酸菌が見つかるまではほんとに大変だと思いますが、いつか必ずすてきな乳酸菌が見つかるということを信じて頑張って欲しいです。

その間は体の善玉菌に頑張ってもらわなければいけませんね。

体の中にいる乳酸菌は本当に助けを必要としています。

味方を沢山欲しいはずですので是非とも乳酸菌を摂取して、助けてあげてください。あなたの体を元気にするのは、あなたがどれだけすてきな乳酸菌を摂取したかによって変わってくるはずです。

沢山の種類が含まれている乳酸菌を選ぶ

そこでどういう乳酸菌が日本人もしくは自分自身に合う乳酸菌を見つけることができるかという課題が出てきます。

これについては、自分にとって適切な乳酸菌を見つけることはほぼ困難でしょう。

ですので、沢山の乳酸菌が含まれているというよりも沢山の種類が含まれている乳酸菌を選ぶようにしたいものです。

食べ物では限界を感じることがありますし、経済的にもなり負担になってきますので、こういうときは沢山の種類がはいった乳酸菌のサプリメントを摂取するのはいかがでしょうか。これならが一気にいろいろな乳酸菌を摂取することができますし、その中で自分に合った乳酸菌だけが腸の中で生きていくことになりますので、一石二鳥だと思います。

また、サプリメントですので簡単に摂取することができると嬉しいところです。飽きることがなく、摂取することができるのはヨーグルトと違って本当にありがたいと思います。

乳酸飲料だと甘すぎてなかなか飲めないという方でもサプリメントだったら簡単に摂取することができます。また、毎日毎日乳酸飲料やヨーグルトなどを摂取するとなると、金額がばかにならないのですか。サプリメントだと一日当たりは数十円で済むはずなのです。ですので、こういったものをうまく利用しない手はないのでしっかりとサプリメントをとることを心がけましょう。

最近ではとても魅力的な乳酸菌入りのサプリメントが販売されていますので、まずは自分の体にあうものを摂取してみてはいかがですか。

 

数では勝てない

乳酸菌は、何億という数で存在することができるので、お腹の中に入るのは一つの種類しかないのではないかと思いがちですが、ここが落とし穴なのです。

もちろん新機種の乳酸菌もいますし、お腹の中にいる乳酸菌が必ずしもすべてがすべて活発に活動してくるわけではありません。

そしてまた私達の外に出される悪玉菌などと同じように外に出て行ってしまいます。ですので、どんどんと乳酸菌を補給していかなければならないのです。

善玉菌をいつも体に取り入れていく事は簡単ではありません。

ですので毎日ヨーグルトを取らなければならないとなると、経済的にも負担になりますし、キチンと取ればそれで終了するわけではないのです。

今では沢山の乳酸菌が販売されていますが、要はどの乳酸菌を摂取するというかということですよね?腸内環境を整える意味で何でもいいので数が多ければいいということで乳酸菌や善玉菌が入ったものを選ぼうとするのですが、それも早計です。

残念なことに、日本人は非常に腸が弱いということが挙げられます。

ということは幾らいい乳酸菌を摂取したからといってもほとんどが下痢となって排出されたりすることがあります。

ですので、案外乳酸菌を取りたいと思うほどうまくいかないものなのです。

仕方のないことなのですが、これが現実であり事実なのです。

だから1種類だけいっぱいとったとしても意味はお分かりいただけます。

乳酸菌だと簡単に見ていたらおお間違いだということですね。。

 

 

死んだ乳酸菌は?

生きて腸まで届く乳酸菌を摂取することにより、腸内環境を整えていくことができます。では胃酸などでしてしまった乳酸菌は役に立たないのかというとそうではありません。驚くことかもしれませんが、死んだ乳酸菌は、今おなかの中にいて、いま実際に活躍している善玉菌のえさになるのです。

また、人におなかの中にいる乳酸菌または外部から取り入れた乳酸菌のえさになる。アミノ酸などもしっかりと摂取することによって、腸内環境を整えていくためのえさになるわけです。

これらが総合的にうまく作用するようになれば間違いなくお腹の環境が整いていきます。

悪い菌が増えてくると同時に、もう一つ大事なのは日和見菌という、悪玉菌でも善玉菌でない菌が存在するのですが、善玉菌が勢いがついてくるとこの日和見菌が善玉菌の味方をしてくれるわけです。

それらをうまく利用することにより、腸内環境さらに良くすることとも可能なのです。

お腹の中はもちろん私たちは見ることができません。

だからこそせっせと乳酸菌を運び続けなければいけませんし、結果として出てくるとお通じが良くなってくることや肌荒れがなくなってくることではないでしょうか。

また、体がある程度やせてくれば幾ら食べても太らない体質になっているはずなのでそこでも効果がはっきりと見えてくると思います。

ようは結果が目に見えてくるのでとても分かり易くなると言うことなのです。

だから女性は特に嬉しくなるんですよね。