死んだ乳酸菌は?

生きて腸まで届く乳酸菌を摂取することにより、腸内環境を整えていくことができます。では胃酸などでしてしまった乳酸菌は役に立たないのかというとそうではありません。驚くことかもしれませんが、死んだ乳酸菌は、今おなかの中にいて、いま実際に活躍している善玉菌のえさになるのです。

また、人におなかの中にいる乳酸菌または外部から取り入れた乳酸菌のえさになる。アミノ酸などもしっかりと摂取することによって、腸内環境を整えていくためのえさになるわけです。

これらが総合的にうまく作用するようになれば間違いなくお腹の環境が整いていきます。

悪い菌が増えてくると同時に、もう一つ大事なのは日和見菌という、悪玉菌でも善玉菌でない菌が存在するのですが、善玉菌が勢いがついてくるとこの日和見菌が善玉菌の味方をしてくれるわけです。

それらをうまく利用することにより、腸内環境さらに良くすることとも可能なのです。

お腹の中はもちろん私たちは見ることができません。

だからこそせっせと乳酸菌を運び続けなければいけませんし、結果として出てくるとお通じが良くなってくることや肌荒れがなくなってくることではないでしょうか。

また、体がある程度やせてくれば幾ら食べても太らない体質になっているはずなのでそこでも効果がはっきりと見えてくると思います。

ようは結果が目に見えてくるのでとても分かり易くなると言うことなのです。

だから女性は特に嬉しくなるんですよね。