「デブ菌」と呼ばれているということ

さて、悪玉菌が増え続けるということは体の中の調子が悪くなってくるということであり、また腸内環境が悪くなっているので、悪玉菌が増えているということでもある。

悪玉菌が増えるってことは、体にあいいれないものが増えてくるということや、大腸菌などの悪い菌が体の中にいすわることになります。

また、便秘などによって余計に悪循環になってきますので、つねに悪玉菌をしっかりと排除するように心がけなければなりません。

そのためにはやはり腸内フローラを整える・・・これが1番大切だということです。

悪玉菌が増え続けるということ、ここで表現したいのが「デブ菌」と呼ばれているということです。

デブ菌とは何かといいますと、要は体の中で悪循環をもたらす悪玉菌のことをいい、これがあるとやせないことやと。もしくはやせてもまたリバウンドしてしまうことの菌の事を指します。

私はこのデブ菌という言葉、初めて知ったのはインターネットのサイトからでした。

例えばこの乳酸菌のサイトなどは、とても詳しくデブ菌とは何か?という私の疑問に答えてくれたサイト様です。

デブ菌を減らすために有効とされるサプリメントってどれ?

  1. デブ菌の定義
  2. デブ菌とは菌の名前ではないという事
  3. ヤセ菌という菌のグループもいる事
  4. 腸内フローラを整えるためには、デブ菌も少しは必要だという事

デブ菌に関する色々な情報が網羅されていて、とてもおススメの記事なので紹介してみました。

うまく表現するなと思います。

ということは逆に善玉菌のことは「ヤセ菌」ということになりますよね。

だから善玉菌をふやすということはリバウンドをしない体作りなんていうことにも繋がってきます。

これからはこれらの表現をうまく生かしてやっていきたいと思います。

だいたいその名前自身も気にくわないものです。

デブ菌に関して太っている人には「デブ」という言葉を使うとしても、抵抗ありますね。

まあ、ふとっている関係なく、この言葉自体が不快に感じるはずですので、自分は絶対にこの言葉は使わないんだと決めるためにも、しっかりとこの対策を立てていたのがいいですよね。

そう思ってダイエットの発奮材料としてこの菌の名前を覚えておくと良いでしょう。

 

沢山知ること。

いろいろと説明してきましたが、乳酸菌を単純に摂取すれば良いというだけではないということ。

腸内環境を整えるためにはいろいろと乳酸菌を選ばなければいけないということ。また毎日毎日乳酸菌を摂取するとなると大変なところサプリメントだと簡単に摂取することができるということ。

またサプリメントはたくさんの数が入っている乳酸菌を選ぶのではなく、沢山の種類が入った乳酸菌のものを選ぶということ。

など、事細かに見ていくと、本当にたくさんのことをしらなければならないことがあるわけです。

これらを知っておく事と知らないのとでは全く違うので、ぜひダイエットを試みている女性の方がいるならば参考にされると良いと思います。

また乳酸菌を摂取して、それでもトイレによく駆けつけるという人は、乳酸菌を少し摂取するのやめたほうが良いと思います。

やはりその場合は、いらない物が外に排出されるという状態になってしまって、体に合っていないと考えて欲しいのです。

違った形で自分に合う乳酸菌が見つかるまではほんとに大変だと思いますが、いつか必ずすてきな乳酸菌が見つかるということを信じて頑張って欲しいです。

その間は体の善玉菌に頑張ってもらわなければいけませんね。

体の中にいる乳酸菌は本当に助けを必要としています。

味方を沢山欲しいはずですので是非とも乳酸菌を摂取して、助けてあげてください。あなたの体を元気にするのは、あなたがどれだけすてきな乳酸菌を摂取したかによって変わってくるはずです。

沢山の種類が含まれている乳酸菌を選ぶ

そこでどういう乳酸菌が日本人もしくは自分自身に合う乳酸菌を見つけることができるかという課題が出てきます。

これについては、自分にとって適切な乳酸菌を見つけることはほぼ困難でしょう。

ですので、沢山の乳酸菌が含まれているというよりも沢山の種類が含まれている乳酸菌を選ぶようにしたいものです。

食べ物では限界を感じることがありますし、経済的にもなり負担になってきますので、こういうときは沢山の種類がはいった乳酸菌のサプリメントを摂取するのはいかがでしょうか。これならが一気にいろいろな乳酸菌を摂取することができますし、その中で自分に合った乳酸菌だけが腸の中で生きていくことになりますので、一石二鳥だと思います。

また、サプリメントですので簡単に摂取することができると嬉しいところです。飽きることがなく、摂取することができるのはヨーグルトと違って本当にありがたいと思います。

乳酸飲料だと甘すぎてなかなか飲めないという方でもサプリメントだったら簡単に摂取することができます。また、毎日毎日乳酸飲料やヨーグルトなどを摂取するとなると、金額がばかにならないのですか。サプリメントだと一日当たりは数十円で済むはずなのです。ですので、こういったものをうまく利用しない手はないのでしっかりとサプリメントをとることを心がけましょう。

最近ではとても魅力的な乳酸菌入りのサプリメントが販売されていますので、まずは自分の体にあうものを摂取してみてはいかがですか。

 

数では勝てない

乳酸菌は、何億という数で存在することができるので、お腹の中に入るのは一つの種類しかないのではないかと思いがちですが、ここが落とし穴なのです。

もちろん新機種の乳酸菌もいますし、お腹の中にいる乳酸菌が必ずしもすべてがすべて活発に活動してくるわけではありません。

そしてまた私達の外に出される悪玉菌などと同じように外に出て行ってしまいます。ですので、どんどんと乳酸菌を補給していかなければならないのです。

善玉菌をいつも体に取り入れていく事は簡単ではありません。

ですので毎日ヨーグルトを取らなければならないとなると、経済的にも負担になりますし、キチンと取ればそれで終了するわけではないのです。

今では沢山の乳酸菌が販売されていますが、要はどの乳酸菌を摂取するというかということですよね?腸内環境を整える意味で何でもいいので数が多ければいいということで乳酸菌や善玉菌が入ったものを選ぼうとするのですが、それも早計です。

残念なことに、日本人は非常に腸が弱いということが挙げられます。

ということは幾らいい乳酸菌を摂取したからといってもほとんどが下痢となって排出されたりすることがあります。

ですので、案外乳酸菌を取りたいと思うほどうまくいかないものなのです。

仕方のないことなのですが、これが現実であり事実なのです。

だから1種類だけいっぱいとったとしても意味はお分かりいただけます。

乳酸菌だと簡単に見ていたらおお間違いだということですね。。

 

 

死んだ乳酸菌は?

生きて腸まで届く乳酸菌を摂取することにより、腸内環境を整えていくことができます。では胃酸などでしてしまった乳酸菌は役に立たないのかというとそうではありません。驚くことかもしれませんが、死んだ乳酸菌は、今おなかの中にいて、いま実際に活躍している善玉菌のえさになるのです。

また、人におなかの中にいる乳酸菌または外部から取り入れた乳酸菌のえさになる。アミノ酸などもしっかりと摂取することによって、腸内環境を整えていくためのえさになるわけです。

これらが総合的にうまく作用するようになれば間違いなくお腹の環境が整いていきます。

悪い菌が増えてくると同時に、もう一つ大事なのは日和見菌という、悪玉菌でも善玉菌でない菌が存在するのですが、善玉菌が勢いがついてくるとこの日和見菌が善玉菌の味方をしてくれるわけです。

それらをうまく利用することにより、腸内環境さらに良くすることとも可能なのです。

お腹の中はもちろん私たちは見ることができません。

だからこそせっせと乳酸菌を運び続けなければいけませんし、結果として出てくるとお通じが良くなってくることや肌荒れがなくなってくることではないでしょうか。

また、体がある程度やせてくれば幾ら食べても太らない体質になっているはずなのでそこでも効果がはっきりと見えてくると思います。

ようは結果が目に見えてくるのでとても分かり易くなると言うことなのです。

だから女性は特に嬉しくなるんですよね。

腸を大切にするものは健康を得る

ではその腸内細菌について考えていけばいいのかということなのですが、まずはなんといっても、体の中にある腸内細菌をしっかりと良いものと悪いものとに分けなければなりません。

それを善玉菌や悪玉菌という形で表現されてると思います。

その善玉菌をしっかりと生かすようにし、また悪玉菌を対外へと排出するように心がけていかなければなりません。

おそらくダイエットしなければならない方は腸内環境が非常に良くない状態では、と思います。

ですので、お通じが良くなかったり、肌あれがしていたりなど状態が悪化しているはずなのです.

のでまずはヨーグルトなどの乳酸菌をしっかりと取って、腸内の環境を整えるために摂取しなければなりません。

しかしこの場合でも、やみくもにヨーグルトと長いのではなく、あくまで善玉菌を活発化させるような乳酸菌などを摂取しなければなりません。

問題なのは胃酸などでとけてしまうことがないような乳酸菌を選ばなければならないのです。

そのためには、乳酸菌がしっかりと腸内に届くような工夫が必要で、色々な乳酸菌ブランドがこの工夫をしています。

 

例えば有名な『乳酸菌入りのチョコレート』を販売しているロッテさんなどは、乳酸菌をチョコレートという膜で包むという発見を通して、食べておいしくて、しかも腸まで生きて乳酸菌を届けるという独自の技術を持っています。

そして、この技術の集大成ともいえる商品が、『ロッテ 乳酸菌ショコラ』なんですよ。

これなんて、私は凄い大発見だと思うんです!

最近では腸内までしっかりと生きて届く乳酸菌も販売されていますので、これを積極的にとって腸内環境を整えていきましょう。

具体的にはこれからも少し説明していきたいと思いますので、一緒に腸内環境について考えていきましょう。甲言う事を少しずつ理解していくとずいぶんと健康になるはずです。たったコレだけでも知っていると知らないとでは雲泥の差になるのですよ。

腸を大切にするものは健康を得る、ということなのです。

腸内細菌をしっかりと保つということ

前回にも書きましたが、ダイエットになかなか成功しない方にもちろん読んでもらいたいのですが、大切なのは何かというと、実は、適度の運動や制限された食事ではないのです。

腸内細菌をしっかりと保つということ

つまり腸内フローラを整えるということが最も大切だということなのです。

お腹の中を大切にするなんて、想像もしなかったのではないでしょうか。

そうなのです。

最近でこそよく CM でヨーグルトや乳酸菌などの CM やってるので、ある程度知っている人も多いのですが、まだまだ腸内フローラについては知らない方が多いのではないでしょうか。環境を整えるということはお通じを良くする、そうするということというのは、体の悪いものを外に排出するということなので、健康的にもなりますし、肌の調子が良くなります。

となると、自然に肌が美しくなるので見た目も美しくなってきます。

また、新陳代謝が良くなるので体の機能が本来の機能を取り戻し、しっかりとカロリーを消費してくれるのです。

のでみるみるうちに体がやせてくると同時に、体が健康的に機能しますので、子供の時のように太らない体に、つまり身体がしっかりと燃焼してくれる状態になっているのです。

これが1番求めていた理想的な体型ではないでしょうか。余分な脂肪をしっかりともやし大切な栄養をしっかりと吸収する。これができるのも腸内フローラつまり町内環境整えてできることなのです。ここまでは分かりますか?

やせてきれいにしかも元に戻らないのが理想

一生懸命痩せようとしても、ダイエットを一生懸命やったとしても、なかなか結果が出なかったり、仮にうまくいったとしても、いつの間にか前と同じ状態になっていた、もしくはさらにふとってしまったといった経験がある人も多いのではないですか。

女性の場合はダイエットが常に課題として持っているはず。性交するか、したかどうかは別にして。

しかし、同時に挫折してしまうのも多いものです。

ではなぜ挫折してしまうのでしょうか。

それは食べることをできるだけ控えて我慢しながら生活をしていたり、または適度の運動をするのも続けていくというのは本当に苦痛で結局はストレスがたまってしまい挫折するのではないでしょうか。

これらを繰り返してばかりいるともちろん体に悪いだけでなく、期間もしっかりと長いのですから肌の状態が悪くなり、結果化粧が濃くなって年齢よりも老けて見えるということもあったのではないでしょうか。

こうなったらやせられるためにダイエットするか不健康になるかわからなくなってしまいますものね。

せっかくダイエットするならやせるだけでなく、健康的に細くなりたいものです。

そして大事なのはダイエットをして成功した場合、そのままその体型を維持することに他なりません。

そこで大切な事をこれからこのブログにいろいろ書いていきたいと思います。少しでも参考になればいいなと思っています。やせてきれいにしかも元に戻らない、コレを目指しましょう。はい。